オフィスのコピー機をリースで契約【メリットを事前にcheck】

最新記事一覧

利用時のポイント

社内

サポート契約も要検討

ビジネスに欠かす事の出来ないアイテムの1つがプリンターです。ビジネスシーンにおいてはプリンターと言うとレーザータイプが主流でしたが、近年はビジネスシーンにも耐え得る高機能、高容量のインクジェットタイプも登場してきており、選ぶ事が出来る選択肢が増えてきました。文書印刷をコンスタントに大量に行う場合、ランニングコスト、スピード、安定性の観点からレーザープリンターが最適ですが、そこまで大量に印刷を行わなかったり、ビジュアルを綺麗に印刷したい方や写真印刷もたまにはしたいと言う方にはインクジェットも有力な選択肢となってきました。どちらが優れていると言う事は無いので、自社の使用環境に合わせてプリンターを選ぶのが良いでしょう。なお、プリンターを利用する際に切っても切り離せないのが目詰まりの問題です。目詰まりとはインクやトナーを吹き出すヘッドと呼ばれる部分のノズルが詰まる事で起きるトラブルで、目詰まりが起きると印刷が擦れて、正常な印刷が出来ない状態になります。目詰まりを100パーセント発生させないと言う事はメカニズム的に難しい為、なるべく発生をさせない様に使い方を気をつけると言う事と発生してしまった時の対処法を把握しておくのが重要と言えるでしょう。極端な温度や湿度の場所はなるべく避け、定期的に稼動させていればリスクは最小限に抑えられます。それでも発生してしまった際は目詰まりを解消させる為のメンテナンスを行うかサポートを依頼するのが良いでしょう。なお、サポートに関しては購入時や契約時に締結する事が可能なケースがあるのでチェックしましょう。

Copyright© 2018 オフィスのコピー機をリースで契約【メリットを事前にcheck】 All Rights Reserved.