チャットシステム導入で業務を効率化!スタッフの業務ペースを維持

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

大地震に対応

レディー

巨大な地震に襲われてしまったら、所属している社員の安否を確認しなければなりません。通常の連絡手段だと、回線がつながらないので安否が確認しにくいです。そこで、安否確認システムを活用しましょう。

読んでみよう

全部署の業務実績を把握

2人の女性

企業運営をする際には、出来るだけ全部署の様子をチェックしてから適切な判断を下したいものですそこでERPパッケージを利用すれば、すべての部署の業務実績や課題点を浮き彫りにすることが可能になります。

読んでみよう

複雑な操作が必要ない

システム

建築物の電気配線の設置場所はどうしようか考える際には、電気申請図面システムの導入が欠かせません。配線イメージを色分けできるので、高品質な作図がスピーディーに作成できます。操作自体も簡単なので、すぐに導入できます。

読んでみよう

スピーディー化を図るなら

IT

社内での簡単な通知事項を口頭で伝えるという企業は数多く存在します。確かに、口頭での周知事項なら、すぐにスタッフが理解してくれる可能性があります。また、わからないことがあったら、すぐに質問できる環境が整えやすいのです。そのような利便性がある口頭での周知事項は、朝礼や終礼の時間帯なら問題ありませんが、業務時間中となれば話は別です。業務時間中だと、大抵のスタッフは自身が担当する業務に集中してしまうものです。そんな時に、周知事項を口頭で伝えると、スタッフの手が止まってしまいます。また、部署によっては、営業回りで外に出てしまっているスタッフもいます。全員に伝わる可能性が低く、オフィスに残っているスタッフの手を止めてしまうということは、生産性にも影響を与えてしまいます。せっかく、集中的に業務を遂行しているときに、手を止めてしまう事態が発生したら、ペースが落ちてしまうのは勿体ないと感じてしまいます。そこで、チャットシステムを導入するのはいかがでしょうか。チャットシステムを導入することによって、簡単な周知事項を文章として残しておくことが可能になります。それなら、スタッフの手を止めることがありません。また、営業回り中のスタッフにも周知事項を知らせることが可能になります。また、チャットシステムの導入は、多くのスタッフへのお知らせを迅速かつ業務に影響を与えないというメリットだけではありません。必要な資料データを容量関係なしに早く共有できるのです。スタッフの業務ペースを崩さないだけでなく、必要なデータ共有まで軽やかにできるのはありがたいものです。