オフィスのコピー機をリースで契約【メリットを事前にcheck】

最新記事一覧

利用時のポイント

社内

プリンターを利用する上で目詰まりは切っても切り離せないトラブルです。設置場所や使用頻度を変える事でリスクは最小限に抑えられますが完璧ではありません。万が一に備えたい方はサポート契約などを結ぶのが賢明と言えます。

詳しく見る

必要な備品です

コピー機

短期契約がおすすめです

書籍や病院のカルテなど従来であれば、紙を使って作成していた書類が最近では電子書籍や電子カルテを導入されるようになりました。しかし一般企業やオフィスといったデスクワークを、メインとしている業種ではまだまだ紙が活躍しています。そして紙を最大限に活躍させるための必須アイテムが、コピー機であるのを日頃感じているでしょうか。会議や回覧といった書類を、必要な人数分を用意するには大量に素早くプリントアウトすることが求められるのです。オフィスで使用されるコピー機は近年では、プリントアウトするだけではなく送信機能もついているタイプもあります。性能が優秀であればそれだけ高価になりますが、オフィスで使う頻度を考えれば必要な備品ですし利益に還元されるのは確かです。電気製品にありがちなことですが、コピー機もモデルチェンジは頻繁におこなわれ以前の物よりも性能が上がった新製品が出てくるのです。下手に購入するよりもリース契約を結んで、最新のコピー機を数年間使う方が長い目でみれば利益をあげられます。リース契約は通常であれば、3年から7年間くらいが法律の範囲内であり自由に設定ができるのです。通常であればリース契約の期間が長ければ長いほど、安価な設定料金になるので7年間リースする方がお得に考えてしまいます。しかし上記で述べたように、毎年のようにモデルチェンジがおこなわれるので、7年も経つと最新でリースしたコピー機も性能の点で劣ってしまうのです。一般的には間をとっての、5年というリース契約をする企業やオフィスが多いですが、経費に割くゆとりがあるのなら3年間の契約を結んでください。

OA機器の導入とメリット

インク コニカミノルタは、コニカとミノルタが合併してできた光学機器をメーカーです。OA機器や複合機などには独自の「デジタルトナー」を導入、製造過程にも配慮するなど、環境と消費者に優しい取り組みが人気の理由です。

詳しく見る

会社にあると便利

3Dプリンター

3Dプリンターは会社に導入すると重宝することでしょう。用途や目的に合わせて適切な商品が違ってくるので、まずはメーカーのサイトで診断してみることをおすすめいます。向き不向きを調べてからの購入が無難です。

詳しく見る

オフィスと電話設置

固定電話

オフィスにおいて電話機を導入する場合、ビジネスホンのリースを活用することが最適である。リース活用では必要台数を借り、不要となったら契約解除できる。その為、初期コストを抑えれらるとともに、買い替えなどのコストもカットできる。

詳しく見る

印刷機器の選び方

複合機

コピー機を使いたいと考えた場合、購入するよりもリースで導入する企業が現在では増えています。リースでの導入により、初期費用をゼロ円に抑えることができ、月額料金を払うことでコピー機を継続的に使用することができます。

詳しく見る

Copyright© 2018 オフィスのコピー機をリースで契約【メリットを事前にcheck】 All Rights Reserved.